先日、事務所の移転を考えていると書きましたが、移転のためには、物件探しとともに、今のオフィスから退去するための準備も必要になってきます。

今借りているオフィスは、3か月前までに解約通知書を提出することにより契約期間中でも契約を解除できることになっています。

逆に言えば、移転を決めても3か月間は家賃を払わないといけないことになりますので、新物件と旧物件の家賃の二重払いを避けるためには、できるだけ早く解約通知書を提出する必要があります。

当初、次の物件の契約を終えてから解約通知書を出そうと思っていたのですが、そうすると二重払いの期間が長くなってしまう可能性があるので、悩んだ挙句、本日解約通知書を提出してしまいました。

これで事務所の移転は決定!もう後戻りはできません。

次の物件は、既に申込書の提出は済んでいますので、あとはオーナーさんの審査に通れば契約というところまできています。

無事に審査に通れば全く問題はないのですが、万が一審査に通らなかった場合には、3か月という期限に縛られながら改めて物件探しをすることになります。

審査の結果は、早ければ今週の金曜日、遅くても連休明けにはわかるそうです。

間に入ってくださっている営業の方は「弁理士という堅い職業なのでおそらく大丈夫」と言ってくださっているので、良い結果が出るのを楽しみに待ちたいと思います。

弁理士 藤田壮一郎