今日、特許庁から特許の審査結果を1件受領しました。

これだけ聞くと「ふーん、そう。で結果は?」って感じだと思いますが、これ、審査期間がわずか2週間だったんですよ。当事務所での最短記録を大幅更新です。

この案件は、審査請求と同日に早期審査の請求もしていたので、早く結果が出ることはわかっていたのですが、それでも今までの経験から2、3か月はかかると思っていました。

それが2週間って・・・早すぎです。

簡単な発明ならまだしも、システム系の割と複雑な発明ですし、請求項数も10を超えてます。

早期審査の請求をしているくらいなので、こちらサイドにとってはありがたいことなのですが、この早さにはちょっとびっくりでした。

もしかして「これが終わったら夏休みだー!」とか、そんな感じで頑張っちゃったんでしょか?

そういえば、来週から1週間お休みのうちの事務員さんも今日はいつも以上に頑張ってたような・・・

弁理士 藤田壮一郎