弊所では、初回ご相談時にかなり詳しく費用の説明をするようにしています。

後で「こんなにかかるの?」ということになってしまうとトラブルのもとになってしまいますので。

特許を例にすると、出願時、審査請求時、中間処理時、特許査定時のそれぞれのタイミングで、どういう項目ごとにいくらかかるかというのを説明しています。

もちろん、お客様にとっては細かい費用項目も大事ですが、一番気になるのは総額だと思いますので、最後に過去の実績から予想したトータルの費用もご案内するようにしています。

ただ、総額については、特許なら請求項数、商標なら区分数で費用が変動しますし、中間処理の有無によっても変わってきますので、“ズバリいくら!”という金額をご案内することができません。

お客様にしてみれば、予算を確保するために総額が知りたい、でも特許事務所としては総額を提示できない。これ、結構悩ましい問題です。

いっそのこと総額が明確になるようにパッケージ料金を導入しようかと考えることもあるのですが、印紙代も絡んでくるので料金設定がなかなか難しいんですよね。

幸い、弊所の費用説明はわかりやすいと言ってくださるお客様もいらっしゃいますし、今まで費用の説明不足を理由にトラブルになったことはないので、現状では今まで通りのやり方を続けていくことになりますが、引き続き、より効率的でわかりやすい費用説明の仕方を模索していくことにします。

弁理士 藤田壮一郎