今日は、クライアントの拒絶理由対応のため、特許庁で審査官との面接があります。

特許庁の近くで発明者と待ち合わせて最終打ち合わせをした後に特許庁へ向かう予定です。

こちらの準備はバッチリなので、どういう結果になるかとても楽しみです。

弁理士 藤田壮一郎