弊所では、出願案件の期限管理をするためにアルトリサーチさんの特許帳というソフトを導入しています。

今日は、期限管理ソフトの新規導入を検討されている先輩の弁理士先生が、特許帳の使い勝手を知りたいということでご来所されました。

せっかくご来所頂いたので、色々と試してもらおうと思ったのですが、さすがに弊所管理案件の実データで試してもらうわけにはいかないので、仮に作ったテストデータを使って、実際の画面を見て頂いたり、データの取り込みなどを試して頂きました。

結果、思った以上に良かったということで、先輩の事務所でも導入に向けて動き出すようです。

その弁理士先生の事務所は、所員の弁理士さん1名と、事務員さん1名を入れて総勢3名なのですが、なんと今日は3名全員でいらっしゃいました。

午前中に来所されてお昼ご飯もご一緒させて頂いたので、その間3時間くらいは先輩の事務所は誰もいない状態になってしまったと思うのですが、大丈夫だったでしょうか?

でも、所長の判断で思い切ってこういうことができてしまうのも我々小規模事務所の良いところなのかも知れませんね。

その先輩とは、以前から仕事でも飲み会でもご一緒させて頂いている仲なのですが、事務所単位での交流は今日が初めてだったので、これを機に、事務所同士の交流も深めていければと思っています。

弁理士は割と外に出る機会があるので自然に輪が広がっていきますが、事務所から出る機会が少ない事務員さんは、他事務所の方と知り合うきっかけがなかなかないですからね。

そういう意味でも事務所同士の交流って大事だなと思います。

弁理士 藤田壮一郎