今日は午後から審査官面接のために特許庁へ。

こちらのクライアントは、以前にも別案件で拒絶理由通知を受けた際に審査官面接を行っており、その後特許査定に繋がっていますので、今回も良い結果が得られるようにしっかり準備をして臨みたいと思います。

私は、拒絶理由を解消するために、審査官面接はとても有効な手段だと考えています。

本日までの実績で言うと、弊所では審査官面接を行った出願は、今のところすべて拒絶理由を解消して特許査定に繋がっています。

ただ、審査官面接を行うためにはお客様に費用面での負担をお願いすることになってしまいますし、意見書や補正書の提出で解決できる内容なら面接に行くまでもありませんので、拒絶理由通知を受けた際には、面接をした方が良いケースか、面接なしでも対応可能なケースかを見極めて、お客様にご案内するようにしています。

弊所は、幸い特許庁まで電車ですぐなので、審査官と面接を行う際の利便性を考えると、これはちょっとしたメリットになっているんじゃないかと思っています。

弁理士 藤田壮一郎