無事に拒絶理由解消の目処が立ちました。

さっそく、今日の面接の内容を踏まえて意見書と補正書を作成しようと思います。

でも、今回の拒絶理由を解消できても、再度の審査で別の拒絶理由が発見される可能性もあるのでまだ油断はできません。

最終的にクライアントに喜んでもらえるように、特許取得を目指して引き続き頑張ります!

弁理士 藤田壮一郎