本日、特許庁から特許査定を受領しました。
この案件、出願から約1か月程度で特許査定というスピード決着でした。
もちろん早期審査は請求していましたが、それにしても速いですよね。

これから特許料を納めて特許証が届くまでの期間を考えても、出願から2か月足らずで手元に特許証が届くんですから、最近の審査の速さはすごいです。

うちの事務所は、早期審査制度を利用するクライアントの割合が高い方だと思います。

もちろん、今回のように一発で特許になるケースもあれば、拒絶理由が通知されてしまうケースもあります。
拒絶理由が通知されたらされたで、ここはまた弁理士の腕の見せ所でもあるので、特許査定に向けて最大限の努力をするようにしています。

そういえば、早期審査制度を利用して早期に特許を取得した弊所のクライアントさんは、知り合いに特許が取れたことを報告したら「特許がそんなに早く取れる訳がない、それはちゃんとした特許なのか?」と言われたそうです。

また、「以前特許の出願をしたときは、結果が出るまでに何年も待たされたのに、藤田さんに頼んだら簡単に特許がとれた」と言って喜んでくれた方もいます。
別に私が魔法を使った訳ではなく、早期審査制度を利用しただけなのですが、そういって喜んでもらえたときは、この仕事をやっていて良かったなと思います。

ただし、全てのケースで早期審査の請求が有効という訳ではないので、その辺はクライアントとの会話を通して判断するようにしています。

弁理士 藤田壮一郎