最近になって、また新規の相談が増え始めました。

この仕事、波というか流れというか、なんかそんな感じのものがある気がします。

既存のクライアントからの依頼が多い時期、新規のお客様からの依頼が多い時期、特許の出願が多い時期、商標の出願が多い時期といった感じで、同じような仕事がまとまるケースが多いです。

少し前には、侵害係のご相談が集中した時期もありましたし、他士業の先生からのご紹介が続いた時期もありました。

たまたまなんでしょうけど、何かそれだけとは思えない流れのようなものを感じます。

そして、今、弊所は新規の方からのご相談やご依頼が多い時期に入っています。

いつまで続くのか、次はどういう流れが来るのかはわかりませんが、常に仕事があるというのはありがたいことです。

今年も残り3か月となりましたが、このままの勢いで突っ走りたいと思います。

弁理士 藤田壮一郎